スキニーを履いた時、脚をキレイに見せる方法があるって知ってた?

leg

ここ数年間長い流行アイテムの座を保持している“スキニー”パンツ
スキニーは、脚が長くきれいな人はモチロン、普通の体形の人もそれなりに履くと思います。
スリムでスタイリッシュ、しかも時には防寒も兼ねてくれるような、幅広い着こなしができる便利なアイテムです。

スキニーを履いた時気にするのは、現物以上に脚をキレイに見せることです。
その方法を具体的に考察するべく、いくつかピックアップしてみました。

丈は長めにして履く

スキニーに限ったことではありませんが、スキニーではより、パンツ丈の長さに余裕があり、足首周りをゆったりたるませる様に履いた方が脚がほっそりと長く見えます
足首周りの太さが気になる人も、丈を長めにしておくだけで脚を長くキレイに見せる効果があります。

レッグウォーマーを重ね履きする

スキニーの丈を長くしてクシュクシュにしてたるませる履き方もありますが、レッグウォーマーを重ね履きすることで同様の効果が得られます。
足首と太ももやヒップ、ふくらはぎの張りと体のラインの差がありすぎると、脚が太くだらしなく見えてしまいがちです。
脚をキレイに見せる方法のツボは、ヒップからつま先までなるべく凹凸の少ないストレートなラインを作ることです。
レッグウォーマーのボリュームは、ふくらはぎの一番張りのある部分と足首周りのラインを同じ幅に揃えてくれるため、縦長の足長効果を出しやすくなります。

アンクルブーツ・ハーフブーツ、ヒールサンダルを履く

レースアップのアンクルブーツやプレーンなハーフブーツは、足首周りの凹部分をカバーしながら足元にボリュームある重心とヒールアップで足長効果をさらに強調します。
春夏のベルトやレースアップのヒールサンダルも同様の効果が得られます。

ジャケット・トップスにボリュームのあるコーデ

スキニーを履いた足がキレイに見えるのは、縦長のIラインやトップスにボリュームがあるVラインです。
ジャケッとやシャツはヒップが隠れる丈にし、ストールやマフラーでボリュームを出すと脚が細く長くキレイに見えます。

スキニーの柄や色に注意

たとえ流行りでもスキニーの柄に関しては、小さめの柄や縦ストライプ、色はダークな色が脚をキレイに見せる効果が高いです。
ヘアスタイルもスッキリコンパクトが小顔となり、全体のバランスが良くなります。