スキニーを履くと気になるおしりをキレイに見せる方法は?美尻になりたい方必見

おしり おしり

スキニーを履くときに「おしり」のシルエットなどを気にする方は多いと思います。
そこで今回はおしりをキレイに見せる方法をご紹介します!

下着の線が出にくいモノを選ぶ

スキニーを履く時に気になるおしりをキレイに見せる方法としてまず挙げることが出来るのは下着の線が出にくいモノを選ぶ事です。

スキニーみたいなシルエットがはっきりと出てしまうパンツを履く時にお勧めしたいのが縫い目がないシームレスパンツ無縫法のショーツです。
通常の下着だと下着のラインがくっきりと見えてしまうので注意しましょう。
ティーバックでもライン的には問題はないのですが履くのを躊躇してしまう人が多いので無縫法のモノを選ぶといいでしょう。

あとお尻が大きいのがコンプレックスの人はお尻を隠すことが出来る丈のチュニックワンピースを選ぶといいと言えます。
さらにシースルーなど軽くて揺れる素材を選ぶことでお尻を隠しているというマイナスイメージを払拭できます。

自分のサイズに合ったモノを選ぶ

スキニーを履く時におしりをキレイに見せる方法としてサイズが合ったモノを選ぶことが重要です。
下半身にコンプレックスがある人はスキニーを選ぶ時にワンサイズ大きめのモノを選ぶ人も少なくありません。
ですがそれは逆効果でサイズが合っていないとキレイに見せることは出来ません。

ちなみに丁度いいサイズとは足を真っ直ぐに伸ばした時にシワが出来ない、膝の曲げた時に動かしやすい血行が悪くなっている箇所がない状態を指します。
ウエストが苦しい人はウエストをゴムのモノを選び足がフィットするサイズを選択して下さい。

裾の長さがポイント

スキニーを履く際におしりをキレイに見せる方法は裾の長さがポイントです。
スキニーパンツの丈というのはそれだけでスタイルや印象をかなり変えることが出来ます。
ロールアップと呼ばれるくるぶし丈、長めの裾を残すスキーにとがあるのですが、自分が普段着ているファッションの系統や目指しているスタイルにより選ぶ丈の長さは違ってきます。

ちなみにロールアップはカジュアルな不カッションの人にお勧めで、体型は足の長い人、足首の細い人に適してます。
それに対してくるぶし丈はハイカットスニーカーとコーデしたり、ブーツとコーディネイトすることでスッキリと見せることが出来ます。

裾の長いスタイルの場合はパンプス、ミュールといったアイテムと合わせることでキレイに見えるからオフィスファッションにも最適と言えます。
他にも長い丈のスキーニはキレイ目なファッションに合うので試してみるといいでしょう。

【まとめ】スキニーでおしりをキレイに見せる方法

・下着の線が出にくいものを選ぶ
・サイズが合うものを選ぶ
・裾の長さがポイント

もはや定番とも言えるスキニーパンツを足やヒップに自信がないからと履かないのは勿体ないです。キレイに見せる方法をマスターしてファッションの幅を広げてみて下さい。